塚田珈琲ができるまで

厳選されたコーヒー豆を、その日使う分だけ巨大なコーヒーミルで豆を挽きます。

本格的ネルドリップ製法でゆっくりと濃いめに抽出し、

本格コーヒーと牛乳をブレンドした「塚田珈琲」。

 

 

①コーヒー豆を挽く

 

巨大コーヒーミルでコーヒー豆を挽きます。

コーヒーはその日使う分だけ挽くので、いつも挽きたてのコーヒー豆を使います。

 


②コーヒーの抽出

 

ネルドリップ製法でゆっくりと濃い目に抽出します。

抽出が終わったコーヒー豆は、袋に詰められて近隣の農家に引き渡され、畑の肥料として利用します。

 


③原材料の配合・殺菌

 

牛乳、砂糖、カラメルなどの原材料を混ぜ、

その後、殺菌(130℃、2秒間)、冷却を行い、サージタンクに移します。

 


④コーヒー充填

 

サージタンクから製造ラインに送り、ビンや紙パックに充填されます。これで「塚田珈琲」の完成です。