無調整牛乳とは?

 

 

 

 

皆さんが普段何気なく飲んでいる乳製品…

そんな乳製品にはいろんな種類があります。

 

一般的によく飲まれているのは「無調整牛乳」

これは牛から搾られた原乳を何も手を加えず、飲めるようにそのまま殺菌した牛乳のことです。

 


 

 無調整牛乳は種類別だと「牛乳」になります。

 

  何も加えず、牛が出すそのままの成分なので、

 夏はあっさり、冬は濃厚な味が楽しめます。

 (詳しくは「牛乳の季節による味の違い」をご覧ください)

 

 生乳から脂肪分を取り除いたものは、製品の脂肪分

 の値により「成分調整牛乳」「低脂肪牛乳」「無脂肪牛乳」

 に分けられます。(左の表参照)

 

 「加工乳」は生乳に水やクリームなど、「乳成分以外の成分

 を含まない乳製品」を原料として混入したもので、元々生乳

 に含まれる成分しか混ぜてはいけません。

 

 コーヒー牛乳など、乳成分以外のものを加えて味を変えたり

 ビタミンを添加して栄養強化したものは「乳飲料」と

 種類別されます。

 

 これらは乳及び乳製品の成分規格等に関する省令

 (乳等省令)により定められています。

 


 

 

弊社が学校給食に提供している牛乳も「無調整牛乳」です。

何も加えていない、そのままの牛乳の栄養成分を摂って

身体を強くしましょう(*'ω'*)✨

 

また、様々な種類の乳製品を味比べするのも

面白いかもしれませんね😊